義母に靴下を贈るのは失礼?姑へ贈るNGなプレゼントまとめ

誕生日や母の日、還暦祝いなど、義母にプレゼント贈る機会って結構ありますよね。

そんななか、目上の人に贈ると失礼と思われるプレゼントがあるって知ってますか?

たとえば、

「義母は冷え性って聞いたから靴下でもプレゼントしようかな」

とせっかくの好意で贈ったのに、

「私に靴下を贈ってくるなんてどういうつもり!?」

とよく思われないかもしれません。

実は、靴下は「足で踏む」ということから「相手を踏みつける」というタブーな意味があるんです。

そこで今回は、一般的に”目上の人に贈るのは失礼”といわれているプレゼントをまとめてみました。

義母だけじゃなく、職場の上司などに贈るときにも役に立つので、知っておいて損はないですよ~。

目次

義母に贈ると失礼と思われるかも?NGなプレゼントまとめ

靴下やストッキング

靴下やストッキングは「足で踏む=相手を踏みつける」という意味があるため、目上の人に贈るプレゼントとしては避けたほうがいいといわれています。

ほかにも靴下は漢字に「下」がつくから避けたほうがいいという説もあります。

靴やスリッパ

靴やスリッパも靴下同様、「足で踏むもの」なので義母に贈るのは超注意。

また、靴には「もっと勤勉であれ」という意味もあるので、特に職場の上司などに贈るのはNG。

靴はともかく、スリッパが失礼にあたるなんてびっくりですよね!

義両親が家をリフォームしたお祝いとして「新しいお家で使ってください」と何も知らずにスリッパをプレゼントしたことで、「非常識な嫁だ!」と誤解を生んでしまった事例もあるので、注意しましょう。

下着

下着も「下」という漢字から「下に見る」という意味に捉えられるので、避けたほうがいいといわれています。

義母に下着を贈る人は少ないとは思いますが、バレンタインや父の日に義父に下着をプレゼントしたっていう人もいるので、念のため。

包丁やハサミ

包丁やハサミなどは「(縁が)切れる」という意味があるので、要注意!

そもそも、昔から”刃物を人に贈ることは縁起が悪い”といわれているため、よほど特別な理由がない限り避けたほうが無難です。

私自身、料理が好きな義母に「少し高級な包丁やキッチンバサミとかどうかな?」って考えたことありました。あぶなw

ハンカチ

値段も手頃だし、何枚あっても困らないハンカチはプレゼントの定番ですが、実はハンカチは漢字で「手巾(てぎれ)」と書くことから、「縁の手切れ」を連想させる意味があるんだとか。

親しい間柄ならいいかもしれませんが、目上の人、特に義母に贈る際は誤解されないように注意しましょう。

パジャマ

パジャマは「長く寝る」「病に伏す」を連想させることから、特に年配に贈るプレゼントとしてはNGだといわれています。

これも意外ですよね!

まだ年齢が若い義母なら嫌味にならないと思いますので、年齢を考慮したほうがいいかもしれませんね。

時計・鞄(かばん)・ベルト

時計や鞄(かばん)には「もっと勤勉であれ」、ベルトには「気を抜かないように」「腹を閉めてください」という意味があるそうで、これらも目上の人に贈るプレゼントには向かないといわれています。

義母に時計や鞄などを贈ってトラブルになったという事例は聞いたことないので大丈夫と思いますが、念のため覚えておきましょう。

ボールペンや万年筆

万年筆やボールペンなどの筆記用具は手軽に贈れる反面、「もっと勉強(精進)してください」という意味があります。

義母へのプレゼントにボールペンや万年筆を選ぶことは少ないかもしれませんが、これも念のため覚えておいたほうがよさそう。

商品券または現金

「義母に何をプレゼントしたらいいか分からないから現金を贈ってます」という人も意外と多いのですが、実は現金や商品券などは「自分で勝手に選んでください」という上から目線に見えるため、注意が必要です。

どうしても何を選んだらいいか分からない時は、ちょっとしたお花と一緒に商品券を添えるなど、あくまで商品券は”おまけ”的な感じで贈れば嫌味に取られないでしょう。

NGなプレゼントを贈るときは一言を添えよう

ここまで目上の人=義母に贈ると失礼になるプレゼントをご紹介しましたが、これらのプレゼントって絶対に渡しちゃダメなの?って思いますよね。

実際、特に年配の人は「常識」「大人のマナー」として気にする人が多いです。

どうしてもプレゼントしたい場合は、「もしかしたら失礼にあたる物かもしれませんが…」というひと言を添えて渡せば、義母に嫌な思いをさせることなく、逆に「若いのにマナーをよく知ってるわね」とあなたの評価があがるかもしれません。

結局のところ、

  • 知らずに失礼なものを贈ってしまった
  • 失礼かもしれないけど…と一言を添えて贈る

のふたつには、雲泥の差がありますからね。

まとめ

誕生日や母の日など、毎年何かしら義母へプレゼントしてる人はただでさえネタ切れしやすいもの。

特にパジャマやハンカチ、時計やバッグはプレゼントの定番なので、これがNGだと何にしようか迷ってしまいますよね。

若い世代の姑ならあまり気にする人はいないと思いますが、年配の姑にNGプレゼントを贈るときは必ずひと言を添えましょう。

直接言えないときは、メッセージカードを添えて贈るようにしてみてくださいね。

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる